狭さを活かした夢のマイホーム|狭小住宅で個性的な家をつくる

男性

狭いながらも快適生活

間取り

都市部でマイホームを実現

マイホームの建設に適した土地を探そうとすると、当たり前のことながら改めて思い知らされるのが「条件の良い土地ほど高い」ということです。特に開発の進んだ都市部において住宅建設に必要な広さの土地を確保しようとすると、相当の出費を覚悟しなければなりません。ただ、このことは見方を変えれば「狭ければ土地は安い」ということにもなります。ならば狭くても暮らせるだけの家を建てるということも、マイホーム実現のための選択肢となります。こうした発想から今、普及が進んでいるのが狭小住宅です。狭小住宅に明確な定義というものはありませんが、不動産業界ではおおむね15坪、または50平方メートル以下の土地に建てられた住宅をそう呼んでいます。

アイデア次第で住みやすく

狭小住宅といえば、かつては「狭いのを我慢して住む家」としてネガティブな印象とともに語られることの多い物件でした。しかし今では、「狭さゆえにさまざまなアイデアに満ちた、個性的な住まい」として積極的な評価を受けるようになっています。現在では多くの建築デザイナーや工務店が、狭小住宅を専門に手がけています。また、建売タイプも少なくありません。いずれも地下室や中二階などを設けて床面積を増やしたり、吹き抜けや天窓によって空間に広がりを持たせるなど、さまざまな工夫によって快適な住空間の演出に努めています。また、狭小住宅は変形地に建てられることもことが多いのですが、それを逆手にとった独特の間取りを持つ家も多く、ユニークさから人気を呼んでいます。

打ち合わせのコツ

内観

家を建てるコツはいろいろありますが、静岡の工務店との打ち合わせが大切で、す。まずは相手の話を聞くことから始めましょう。イメージが共有できているのかのチェックもやっておきたいので、図面ができたら完成図を描いてもらうと良いです。

Read More

人気には理由があります

外観

一戸建てを建てる場所として鎌倉が注目されています。その理由は景観の良さと住人の土地を大切にする気持ちです。単純に景観がいいだけではなく住人が自ら環境を守ることを考えて生活しています。それは非常に価値のあることです。そして都心へのアクセスも意外にいいというのも特徴です。

Read More

住むなら人気のエリア

相談

京阪沿線は戸建ての住宅を探すときには非常に優良な物件が多いエリアです。通勤がしやすいということはもちろんですが、物件がある場所の便利さも大事です。買い物や医療などが便利に利用できるかどうかも大切です。それを京阪沿線は備えています。物件選びには子供を育てるのにも良いエリアであるということも大切です。

Read More