打ち合わせのコツ|狭さを活かした夢のマイホーム|狭小住宅で個性的な家をつくる

狭さを活かした夢のマイホーム|狭小住宅で個性的な家をつくる

家

打ち合わせのコツ

内観

話を聞く

これから家を建てるならいくつか知っておきたいポイントがあります。中でも静岡の工務店との打ち合わせについては重視するポイントであり、これが上手くいくなら希望通りのものが手に入ると言っても差し支えがないです。初心者がやってしまいがちなのが、静岡の工務店に行くと自分の希望だけを一方的に伝えてしまうことです。ところがこれをやってしまうと、静岡の工務店側からすれば本来ならできないような施工でも、お客さんに逃げられたくない一心で、やりますと言ってしまう可能性があるのです。すると、どこかで無理が出てしまい、結果的に望まない形になる可能性もあります。まずは静岡の工務店は、どのような建物を作れるのかを聞いてみるのがおすすめです。

意思の疎通が大切

施主さんと静岡の工務店で、頭に描いている家の完成形がズレているのは困るため、しっかりとコミュニケーションをとっておきたいです。実は意外と多い事例で、その理由は設計図を見慣れていないからということが挙げられます。素人では平面図を見てもどんな建物になるのかわからないのですが、きっと注文通りになっているはずだと考え、深くは追求せずに放置してしまいます。すると、実際に施工が始まってそうではないことに気がつくのですが、途中で方向転換できずに、そのまま続けるしかなくなるというわけです。そんな事態を避けるためには、図面ができた時点で、一度完成図を描いてもらえるようにお願いしてみるのというのが良い方法です。外観はもちろん、内装なども絵にしてもらうことで、完成した家をはっきりとイメージできます。